医療機関とエステでの脱毛方法の違いは

MENU

医療機関とエステでの脱毛方法の違いは

最近は、エステや医療機関に行って、脱毛のための施術を受ける傾向があります。
エステや、医療機関での脱毛処理は、家庭で行う脱毛クリームやカミソリを使った脱毛より、きれいに処理することができます。

 

以前と違って、エステや美容クリニックの脱毛でも、あまりお金をかけずに、施術後の外見を美しく整えることが可能になり、利用者を増やしています。
ぱっと見には、エステの脱毛コースも、皮膚科や美容クリニックの脱毛施術も同じようなものに見えますが、使うマシンに差があります。

 

医療施設では、脱毛をしたい部位にレーザー光を照射する方法であり、エステでは特殊なフィルターを通した光を使っています。
いずれの方法も、新しい毛をつくるための毛母細胞に対して熱を集めて、細胞を焼却するという点では、一致しているものです。

 

レーザー脱毛と、フラッシュ脱毛の違いは脱毛効果の高さです。レーザー脱毛のほうが高いですが、医療機関でしか利用できます。
あまり時間をかけずに、効率的に脱毛施術をうけたいのであれば、病院のレーザー脱毛を使ったほうがいいでしょう。

 

施術費用についてはレーザーのほうが高くなりますし、脱毛効果が強力な分、肌トラブルが起きる可能性もあります。
レーダーや光を使っての脱毛処理にはどうしても軽い痛みが発生しますが、痛みがつよい時には塗るタイプの麻酔薬を利用することも可能です。

 

この頃は、低予算で脱毛施術を受けられるようもなっており、脱毛クリニックなど脱毛専門の施設も多くなってきています。
エステの脱毛施術と、医療機関での脱毛は、いいところと、よくない点とがどちらもありますので、
事前に情報収集を済ませた上で、どちらにするかを選択しましょう。

 

ケノンで脱毛TOPページに戻る