医療レーザーによる脱毛の施術方法

MENU

医療レーザーによる脱毛の施術方法

ムダ毛の処理は、様々な方法がありますが、レーザーを用いた脱毛は、皮膚科や、美容クリニックなどで受けることが可能です。
脱毛を目的とした医療レーザー器機は、医師の資格を持つ人でなければ扱えないため、専門的な施術をうけられます。

 

専門知識のある医師が在籍しているクリニックでのみ、医療レーザーを用いた脱毛施術が行われているのです。
毛母細胞という、毛穴の中に存在する、ムダ毛の細胞を再生させる機関に対して、医療レーザー脱毛は熱を集めて壊しているという仕組みです。

 

肌は透過し、髪の細胞のような黒い箇所にだけ熱を集められることが、医療レーザーを用いる大きな理由です。
体の広い範囲の脱毛をしたいという場合も、レーザーを皮膚にあてるだけでいいのですぐにできます。

 

二の腕や、胸板など、広い範囲にムダ毛が密に生えているような人はレーザー脱毛が適しています。
輪ゴムの片側を皮膚にあてて、片側を引っぱってから手を離した時のような痛みがするところがばかりです。

 

クリニックでは、脱毛施術時の痛みを軽減させるために予め麻酔を打ったり、麻酔クリームを塗っておく処置が取られので、
痛みに対して心配する必要はありません。
レーザー脱毛の出力に対してお肌が弱かった場合は、赤くなったり、痛みが残ることがありますが、少しずつよくなります。

 

最初に医療レーザー脱毛をした時に休眠期だった毛根は、脱毛処理の後数ヶ月で再生する可能性があります。
美容クリニック等で、医療用のレーザー脱毛器機を使って脱毛を行う場合、何度か脱毛処理をしているうちに、
新しい毛の量が少なくなっていくことでしょう。

 

ケノンで脱毛TOPページに戻る